ボトル洗浄機、トライアル受付中

分析機器の汚れを
徹底自動洗浄することにより
なかったことにする。
洗浄コストを徹底削減
全自動で省人化する事により、人件費に掛かるコストを削減できます。
(手洗い:3分/1人→AQUA:18秒/1本 ※同一容器を20本で換算 ※ガラス瓶、ボリビンで洗浄した場合)
また、洗浄中の理化学用ガラス製品の破損も0なので、割れて使えなくなることもなくなります。

洗い残しによるコンタミネーションを一切削除
独自開発されたノズル構造とシャフトが高い洗浄力を発揮します。
洗浄後のリンス水の含有量を測定することにより効果を確認いたしました。

移動式でコンパクト
多様なLABOを想定したコンパクトな設計で、シンク横にも置けるサイズにしております。
[寸法:1,280mm/590mm/1,200mm] 業務内容に応じたカスタマイズが可能です。

一度にきれいにより長く

総合水研究所では科学技術の発展、
持続可能な未来への貢献を
SDGsを通じ、我々の事業で実現していきます。

産業と技術革新の基盤を作ろう

分析や測定で用いるサンプル瓶等の容器やガラス瓶を洗浄する専用の装置は数少なく、存在したとしても食器洗浄機と同様の形状をしている為、一度に多量の容器を洗浄できません。そのため、容器洗浄の業務に貴重な人員を多く割かなければならない現状があります。
業界の将来の担い手である従業員が本来すべき仕事は、「考える事」「付加価値を高める事」「開発する事」「楽しむ事」と定義し、その時間を生む基盤を強化する事で業界のさらなる発展に繋がり、将来の産業と技術革新につなげていく事を目指します。
つくる責任 つかう責任

本製品は「サーキュラー・エコノミー」という考え方を推進する製品です。持続可能な社会実現の為、重要な役割を持つリサイクル。廃棄することが前提となっている理化学用品が数多く存在します。当社では廃棄物があるという現状に対する解決策を打つことが資源が循環する経済システムを推進することにつながると考えます。本製品で再利用に向けた洗浄オペレーションを確立する事で事業リスクを確実に抑え、今まで即廃棄していたものを1回でも多く再利用する活動につなげていく事を目指します。

先着5企業様、無料トライアル受付中!

現在、洗浄機AQUAのトライアルを実施しています。
実際に使って頂き、貴社の事業価値向上に貢献できるかご確認いただけます。

お問い合せ:072-224-3532
【受付時間】08:40 〜 17:30(土日祝を除く)

関連記事

  1. 浄水器カートリッジのニセモノ(模倣品)について

  2. uvexケミカルエキスパートシステムで「浸透リスト」を簡単ダウンロード…

  3. PFAS(PFOS/PFOA)に関する浄水器試験について

  4. 「大阪地区初開催」3M製品体験会…

  5. NITE 認定センター(IAJapan)特設サイトに掲載されました🎉

  6. 「水質汚濁防止法施行令及び建築基…

error: