石綿(アスベスト)報告書変更のお知らせ

石綿(アスベスト)報告書変更のお知らせ
平素より弊社石綿分析をご利用いただき誠にありがとうございます。
この度、石綿分析に関する分析結果報告書の様式変更を行うことになりました。

変更後の様式は下記の通りです。

2023年(令和5年)10月
有資格者による石綿事前調査・分析の義務化
2021年(令和3年)4月1日以降、建築物の解体、改修、リフォームなどを行う際に
対象となる全ての建築材料について、
石綿の含有の有無を設計図書等の文書及び目視での調査が義務付けられています。
さらに2023年(令和5年)10月1日以降は、
建築物石綿含有建材調査者などの有資格者による調査が義務付けられた他、
分析を行う分析調査も有資格者による分析が義務付けられています。

石綿(アスベスト)の調査依頼について
今後も石綿に関する規制は強化されていくことが予想されます。
当社は、経験豊富な建築物石綿含有建材調査者と分析調査者が事前調査のお手伝いをいたします。

 石綿(アスベスト)とは
石綿は天然の鉱物繊維の総称で、耐熱性・耐久性・防音性能が高く、丈夫であることから
工業製品や建材製品に使用されてきました。
繊維は非常に細かく(髪の毛の5000分の1の太さ)、人の肺に入ることで肺がんや悪性中皮種などの病気を引き起こす原因になると言われています。
建物の解体や、改修工事などの前に石綿の有無を調査する事前調査が義務付けられ、建築物などを工事する場合は必要となる対策を講じることが、法律で義務付けられています。

お問い合せ:072-224-3532
【受付時間】08:40 〜 17:30(土日祝を除く)

関連記事

  1. 化学防護服【2024年4月~労働安全衛生法改正】保護具着用管理責任者様…

  2. JIS B 2061(給水栓)改正について

  3. 水質調査・分析・測定についてのご案内

  4. 各種水処理実験のご案内

  5. 化学物質管理専門家、作業環境管理専門家の要件修正について

  6. 【ケルヒャー】アスベスト法改正専用掃除機のご案内

error: